今日からいよいよ、天野山金剛寺落慶祭が開催ですね。

前回の記事に続き、金剛寺の桜見物の思い出をお伝えしていきます。
今回はお寺のメインともいえる【楼門内・お堂編】です。(2018/3/28撮影)

こちらの楼門をくぐります。
※通常はここから入山料や拝観料がかかります。(行事などによって異なるのでご確認ください)
天野山金剛寺、楼門
入ってすぐ左手に、見事な枝垂れ桜が。
天野山金剛寺、楼門内の枝垂れ桜
大人の膝くらいの高さまで枝が下がってきます。
風が吹き、はらはらと花弁が舞い散る様子もとても綺麗でした。
天野山金剛寺、楼門内の枝垂れ桜アップ

こちらが、平成大修理が完成してに新しくなった金堂です。
天野山金剛寺、新しくなった金堂
上の写真は側面から撮影したもので、正面はこちら。
天野山金剛寺、桜越しの金堂

この中に、新国宝に認定されたご本尊がいらっしゃいます。
(お堂内は撮影禁止となっています)

金堂の周りは広々と開放的で、とてもゆったりした気持ちになります。

左手には多宝塔がそびえています。
裏手へ進むと、森がかげってひっそりと静かな雰囲気に。
天野山金剛寺、多宝塔と枝垂れ桜
枝垂れ桜越しに見る塔は、とても風情がありました。
この時期にしか見られない光景なので、ぜひ。
天野山金剛寺、枝垂れ桜越しの多宝塔

この日はお天気にも恵まれ、満開の桜と、歴史情緒ある建造物のとても美しい光景を見ることができました。

撮影日が3月28日で、それから晴天が続いているので、まだ桜の見頃は続くのではないでしょうか。
3月30日から4月1日の落慶祭でも、美しい桜が華を添えてくれるはず。

落慶祭が素晴らしい日々になりますように。
そして、たくさんの人が美しい桜と金剛寺の景色を楽しめますように。


↓ 落慶祭パンフレット、クリックすると大きくなります。
金剛寺落慶祭パンフレット


金剛寺サウンドプロジェクトパンフレット


【関連サイト】
>>天野山金剛寺落慶法要特設サイト
>>金剛寺落慶祭|金剛寺落慶法要特設サイト