明日はひな祭りですね。

先日、高向にあるふるさと歴史学習館に行くと、こんな立派な雛飾りが!
御殿飾りのお雛さん、ふるさと歴史学習館にて
てっぺんが御殿造りになっていて、その内側にお内裏さまが並んでいらっしゃいます。
御殿飾り上段のアップ
江戸後期~昭和初期頃、この「御殿飾り」の雛飾りスタイルが西日本を中心に流行したそうです。
当初は何段もあるものではなく、あくまで御殿部分がメインで、その周りに三人官女などを飾っていたようです。

現在ふるさと歴史学習館に展示してあるのは、西日本の御殿飾りと東日本の段飾りの両方を取り入れた珍しいものだとか。
御殿飾りの綺麗なぼんぼり
細部までとても美しくできているので、ぜひ実物を見てみてくださいね。

ふるさと歴史学習館で、4月1日まで展示されています。
>>ふるさと歴史学習館 春の展示「御殿飾りのお雛さん」


【関連リンク】
>>河内長野市立ふるさと歴史学習館(河内長野市ホームページ)
道の駅「奥河内くろまろの郷」の近くです!
>>アクセス|奥河内くろまろの郷