前回の記事では、歴史体験教室「藍の生葉で染めるシルクストール」の体験リポートをお届けしました。>>「藍の生葉で染めるシルクストール」体験リポート in ふるさと歴史学習館

染め物が初めてでも楽しくできて、とっても綺麗に染まって感動…!(写真左がお手本、右が自作です)
見本のストールと自作ストール
今回の体験教室は、午前10時~12時の開催。
ほんの2時間足らずで、葉摘みから藍液作り、藍染めまで全てできてしまったことにも驚きました。

ただし、1つだけ宿題があります。
それは、自宅に帰ってから「色止め」すること。

学芸員さんから教わった色止め方法は、とっても簡単です。
  1. 洗面器にぬるま湯とお酢(約20cc)を入れ、混ぜる
  2. ストールを入れ、15分間浸しておく
  3. 水洗いして陰干しする
さっそく、体験教室から帰ったその日の午後にやってみました。

自宅で簡単!色止めリポート

用意するものは、お酢と洗面器だけ。
我が家では、普段料理に使っている米酢とボウルを使いました。場所は台所の流しです。
米酢とぬるま湯を入れたボウル
ボウルにぬるま湯をはり、お酢を約20cc(大さじ1と1/3)入れて混ぜます。

シルクストールを入れます。
持ち帰るときはたたんで袋に入れていましたが、酢水が全体に行きわたるよう、広げてほぐしながら浸しました。
酢水にシルクを漬けます
なお、ストールが2枚あるのは母も参加したからです。1枚でも2枚でも水は洗面器一杯分くらいで足りるので、酢も分量通り(20cc)にしました。

このまま15分、放置します。
ストールが浮き上がってこないよう、ラップで落し蓋をしてみました。
タイマーを15分にセット
15分経ちました。見た感じ、特に変化はありませんが、
15分経ちました
ストールを引きあげると、水がうっすら黄緑色がかっていました。
お酢の色ではなく、たぶん植物由来のもの。ちょっと青臭いような草のにおいを感じました。
水はうっすら黄緑色に
酢水を捨てて、水洗いします。
水洗いします
途中、うっすら水が青くなりました。
水が青くなってきました
もしいきなり洗濯していたら、もっと色落ちしたのかもしれませんね。

水が透明になってきたら終了。水気を絞って、日陰に干して乾かします。
ストールを日陰干し
薄手なので、30分くらいで乾きました。
これで色止め完了です。
酢のにおいがついたりすることはなく、手触りもやわらかいままでした。

こちらは、10日以上経ったシルクストールの様子です。
藍染めシルクストール、庭で撮影

お手入れのこと

体験教室当日、学芸員さんから洗濯方法についてもレクチャーがありました。
  • 最初はどうしても色落ちするので、当分の間は白いものと一緒に洗わない
  • 洗剤は中性洗剤を使う
  • アルカリ性の洗剤や、漂白剤入りの洗剤は使わない

ふるさと歴史学習館の方が育てた藍の葉をいただいて、初めて自分で染めたシルクストールだから、ずっと大事にしていきたいと思います。

この先も、たくさんの人が藍染め体験で楽しい思い出と素敵な染め物を作れますように。


【こちらの体験もおすすめです!8/31日まで!】
>>ふるさと歴史学習館 いつでもできる歴史体験 夏季限定メニュー「藍の葉っぱでたたき染め」


■参考リンク
>>ふるさと歴史学習館(河内長野市ホームページ)