ふいに休みがとれたときや、子どもと近場でレジャーを楽しみたいとき。

ノープランでふらりと行けて、大人も子どもも楽しめる河内長野のスポットを紹介します。

河内長野市立林業総合センター 木根館-きんこんかん-
河内長野市立林業総合センター木根館の館内
またの名を「森のサテライト 木根館-きんこんかん-
地元産の優良木材「河内材」を活かした、木のぬくもりがいっぱいのレジャースポットです。
木のワークショップ、木のおもちゃ遊び、木工作品の展示販売など、色々な楽しみ方ができます。

高向ののどかな道を通って

高向の水田風景
木根館は、河内長野市の高向(たこう)にあります。
河内長野駅から車で約13分。
今年道の駅に登録された奥河内くろまろの郷や、花の文化園ふるさと歴史学習館などが集まるエリアです。

近隣の風景はとてものどか。眺めているだけで、ほっと心が和みます。

まるで森小屋!不思議な出会いが待ってるかも……

木根館の外観
木根館は、花の文化園のすぐ隣です。
可愛い木の立札が目印。
木根館の立札
入場は無料です。
道の駅「奥河内くろまろの郷」から徒歩7~8分なので、ふらりと気軽に立ち寄れますね。

建物は森小屋みたいで雰囲気満点。庭には木や花がいっぱいで、あちこちに木工作品があしらわれています。
木根館のお庭で建物をバックに記念撮影t
童話的で可愛い建物をバックに、ぜひ記念撮影を。
木のフクロウは存在感バツグン。いい味を出してくれます。

隣接の花の文化園(通称はなぶん)とは、こちらのゲートでつながっています。(花の文化園は入園料が必要です)
花の文化園からのゲート
緑の葉で覆われたゲートは、くぐると不思議なことが起こりそう…!
これは木根館側から写した写真ですが、花の文化園側から撮影すると、また違った良さがありそうですね。

探検気分で撮影スポットを探してみよう

この写真、ちょっと面白くないですか?
木のフレーム越しに撮影

どうやって撮ったかというと、

木根館のお庭
階段横に飾ってある木製フレームから、向こう側にある木のフクロウを覗いて撮影したんです。

この木製フレームは木根館のあちこちにあるので、どんなアングルで何をはめこむかによって、色んな写真が撮れると思いますよ。ぜひ試してみてくださいね。

森小屋みたいな可愛い建物に、木や花、木工作品がいっぱいのこのお庭。
工夫次第で、ファンタジックな世界観や「どうやって撮ったの?」と見る人を引き付ける写真が撮れそうですね。
今風に言うと、インスタ映え間違いなし!?

夏の思い出を探しに、河内長野の木根館へ

庭だけでもかなり楽しめる木根館ですが、まだまだほんの序の口。
館内も木のぬくもりがいっぱいで、可愛いものや楽しい体験が目白押しです。

たとえば、こんな木製フォトフレームを発見。
河内材の写真立て
木根館で撮影した自慢の写真を入れて飾れば、最高の思い出になりますね。

木根館には、このような地元産の河内材でできた木工作品がたくさん展示・販売されています。
また、可愛い木製雑貨が作れるワークショップもありますし、工作室を借りてDIYすることも可能。夏休みの工作にもぴったりです。

色んな楽しみ方ができる、森のサテライト「木根館-きんこんかん-」
次回は、木のぬくもりがいっぱいの館内をご紹介しようと思います。


【施設の詳細情報はこちら↓】