23日の夜に大阪府に接近した台風20号。
夜の間は雨や風の音が少し怖かったですが、朝になると穏やかになっていました。

こちらは、不織布をかけていた和綿と洋綿の植木鉢。
2018-08-24台風翌朝、不織布をかけたままの綿
麻ひもで柵に固定していたので、倒れたり動いたりしませんでした。
2018-08-24綿の台風対策、不織布と麻ひも
不織布をはずしました。緑色の実が1つと葉っぱが1枚地面に落ちていましたが、幸いそれ以外に目立った影響はありませんでした。
2018-08-24台風対策の不織布をはずした和綿と洋綿
今年は2~3回摘芯(芯止め)をして、草丈を1m以内に抑えていたので、植木鉢の移動や不織布をかける作業がずいぶん楽でした。去年は1m20cmくらいに伸びてしまった株もあって、何かと大変だったので。
やっぱり摘芯は大切だと実感します。

植木鉢をそれぞれいつもの窓際に戻しました。
この日は、和綿が二つ花を咲かせていました。
2018-08-24台風翌朝に咲いた和綿の花アップ
一晩強い風にさらされても可愛い花を咲かせてくれる…植物って強いですね。

不織布をかけていなかったプランターは、支柱を結束していた麻ひもが緩んでいました。風で支柱が動いてしまったようです。
2018-08-24台風翌朝の綿のプランター、不織布せず
根元の穴も広がっていたので、土で埋めて補修し、支柱をまっすぐにします。
2018-08-24支柱の根元を土で補修
支柱も綿の株もまっすぐになりました。
2018-08-24まっすぐになった綿の支柱
台風後のお手入れ完了です。

緑色の和綿の実
今はまだ緑色の綿の実たち。白い綿が吹くときが楽しみです。